2015年8月24日

五代松鍾乳洞(天川・洞川温泉郷)


 奈良県天川村にある大峰山洞川温泉郷、ここには幾つかの鍾乳洞があります。
 幼稚園児の息子チビケンの冒険は、この夏最後に五代松鍾乳洞を目指しました。

 大阪からは国道309号線を南下するだけです。
 千早赤阪から御所、下市、黒滝と通過し到着するのが天川村。
 昨年はツーリングで訪れましたが、今年はドライブです。








 およそ2時間で到着、駐車料金は500円です。
 すぐそばにある鍾乳洞入口近くまで走るトロッコの駅へ向かったのですが、予約で終了とのこと。
 仕方なしに今年も山を登ることになりました。






 上り始めてすぐに、トロッコが降りてきました。
 なにせ到着したのが15時半で、最終発車が16時なんで仕方ないか・・・






 山道を登ることおよそ15分、五代松鍾乳洞入口に到着です。
 ここで大人400円、子供200円を支払ってヘルメットを借ります。
 絶対ヘルメットは被らんといけません、頭を打つことが確実なんで。






 ワシ、チビケン、嫁はんと、全員入口すぐに天井に頭を打ち付けてしまった(笑)
 まぁそれくらい低かったり狭かったりするんです。
 その中をズンズン進んでいきます。






 写真では広く見えるかもしれませんが、実際には無茶苦茶狭いです。
 しかも凄い勾配であちこち濡れているんで、滑りやすいことこの上ない。






 そして深部の一番色鮮やかな空間に到着!
 相変わらずこの鍾乳洞はハデハデな演出ですが、それが無機質な空間を美しく見せています。






 チビケンも記念写真をパチリ!
 やっぱしこの鍾乳洞がワシの知る限り一番鮮やかなライトで照らされてますね。






 そして出口です。
 鍾乳洞内にいたのは15分というところでしょうか。
 狭い上に次から次へと観光客が来るので、ゆっくり楽しめないのが残念ですねぇ。

 チビケン曰く、あんまし面白くなかったとのこと。
 宝物が見つからんかったからだそうです(笑)






 帰りは空きがあったんで、トロッコに乗せてもらうことができました。
 これが反対向きに凄まじい勾配を下っていきます。
 チビケン、これにはむっちゃ喜んでました。
 最高に楽しかったそうです。

 もちろん有料なんで、降りてから大人200円、子供100円を支払いました。
 上りはもう少し値段が高いみたい。






 帰りは恒例の黒滝茶屋串こんを。
 ここのが一番好きです。
 ちょっと辛めなんですが、チビケンも結構食べてました。

 というわけで、幼稚園児のひと夏の冒険はこれにて終了です。
 なかなか充実した夏となりました。



撮影機材
・ Nikon D3 + AiAF Nikkor 20mm F2.8D(1~9枚目)
・ Nikon D3 + AiAF Nikkor 50mm F1.4D(10枚目)
編集ソフト
・ SILKYPIX Developer Studio Pro 5








0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の投稿(全期間)