2016年1月3日

淡路島へGROMと船で渡る(淡路ジェノバライン)

 昨年末、ワシはある事に気がついた。
 そう、年内に何としても行きたかった場所にバイクでまだ行ってなかったのだ。
 そこは・・・淡路島!






 かつては明石淡路フェリー(通称・たこフェリー)で125cc以下のバイクでも淡路島には渡れたんです。
 しかし、2010年に航路休止、その後の会社清算によりそれが不可能となったのでした。
 ところが、昨年9月に淡路ジェノバラインにて新造船により再び行き来することが可能になったんです!!
 そう、我ら原付二種を愛するライダーは、どんなにこの日を待っていたことか・・・
 もちろん自転車や原付も積載OKですよ、この新造船まりんあわじは。
 という訳で急遽大みそかに愛車GROMでツーリングに出発!
 昨年44回目・通算102回目の原付二種ツーリングは、淡路島を目指します。



 淡路島に行くのはいいが、一体何を目的に行くか。
 ワシは以下のプランを立てた。

 ・「一億円の金塊」はどうなっているか
 ・「たこせんべいの里」で試食しまくる
 ・「ナゾのパラダイス」の正体をつきとめる
 ・「淡路牛」を食す

 ところが、のんびりしすぎて出発したのは10時45分。
 しかも嫁はんから、年越しうどん食べるから18時までに帰宅せよとの指令が。
 ・・・まぁ、なんとかなるでしょう。



 で、出発してから約2時間で淡路ジェノバラインの明石港側の乗り場に到着。
 大阪からは国道43号線→国道2号線で。
 ここ、間違えやすいです!
 ナビ使っても間違えましたから、みなさんも注意してくださいね。




 12時40分の便には間に合わなかったので、次の13時の便に乗ることに。
 大人500円とバイク450円を券売機で購入し、係員に渡して乗り場にて待機です。

 離岸時刻の5分ほど前にまりんあわじが到着しました。
 ワシ以外には乗り降りするバイクはありませんね、自転車はたくさんいましたけど。
 で、こんな感じで固定されます。




 客室に入ると結構広い!
 新造船だけあって綺麗ですし・・・これだけでも来てよかったと思えますね。




 定刻になり離岸。
 おぉ、結構スピード出てます!
 波しぶきが激しく窓を叩いてるため、窓から見る明石海峡大橋はちょっとボケ気味。
 たこフェリーの頃は30分かかったもんですが、はるかに早い15分で岩屋港に到着しました。




 13時15分に岩屋港から淡路島に上陸!
 あぁ、とうとうこの日が来たんや・・・GROMと来れたこと、感慨深いものがありますね。

 しかしながら時間は待ってくれません。
 自宅に18時帰還を考えると、淡路島に滞在できるのはたったの2時間!
 15時20分岩屋港発のまりんあわじに乗らんとあきません。
 とにかく、昼メシを食べにさっさと南下することにしました。




 それにしても晴れてる日の海は気持ちのいいもんですね!
 急いでてもバイクを停めて写真を撮っちゃいます。




 正直なところ、この時点で既に「ナゾのパラダイス」は諦めてました。
 残りの「1億円の金塊」と「たこせんべい」ですが、「淡路牛」食ってからでも回れるかなと甘い考えで。
 さてさて、この後どうなるかは次回をお楽しみに。



撮影機材
・ Canon Powershot S95 (1・2・5・6枚目)
・ Apple iPhone 5s (3・4枚目)
編集ソフト
・ SILKYPIX Developer Studio Pro 7






0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の投稿(全期間)