2014年11月17日

香落渓の紅葉は終わりそう

 さて前回の続きです。

 次に向かったのは三重県名張市の香落渓
 曽爾高原からすぐということもあるんですが、紅葉が見頃だとの情報がWeb上でありましたので。
 そして実際に向かってみると、そこには公園があるわけでもなく断崖絶壁だったのでした。








 一車線しかない場所もありますが、なかなか走るには楽しいところですね。
 車を停めて観るために、香落渓周辺には数ヶ所に安全地帯が設けられていました。

 そのうちの一箇所で素晴らしくよく観れる場所が。
 そこには先客のDUCATIが停まってました。
 軽く挨拶して「ここは素晴らしく観えますね」と言葉をかけると、「そうでしょう!」と自慢げな返答が。
 お互いフルフェイスのヘルメットを被ったままなんで、目元しか見えませんけどね。

 「今が見頃なんでしょうね」「ええ、今週を逃したらダメでしたね」と再び会話して別れました。








 ここから帰宅の途に就きます。
 先ずは名張市に出ます。
 そこから国道165号線で橿原市まで走り、大和高田バイパスを経由して南阪奈道路の入口直前まで。
 県道30号線を北上し、国道166号線で竹内峠を越えることになります。








 名張に向かう途中に青蓮寺湖を通過。
 もうしばらくすると、紅葉もエエ具合になるんでしょうかね。
 それとも、もう終わりだろうか・・・








 このバイクもよく走ります。
 本格的に乗り始めてから1年2ヶ月、スクーターでも充分ツーリングを楽しめるのがわかりました。
 まだまだこれで走ることになりそうです。
 けど、金をかけてまで改造する気にはなれない・・・古いバイクですからねぇ。








 そういう訳で帰宅したのは19時前、出発から5時間半で戻ってきました。
 相変わらず真っ暗な山道を走るのは苦手です。
 苦手というか、ヘルメットのシールドがスモークなんで暗いと見えないんです・・・

おわり。   


【撮影機材】
Nikon D3 + Ai Nikkor 50mm F1.4S + Sandisk Extreme CF 8GB
【編集ソフト】
SILKYPIX Developer Studio Pro 5






0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の投稿(全期間)